トップページ雲と空のWeb図鑑雲の分類表2017年版1975年版1956年版1930年版
※現在、新ページへの移行作業中です。作業完了まではリンク切れ等が生じる可能性があります。大変申し訳ございません。

intro&news
トップページへ
サイト概要
著作権・引用・リンク
プレスリリース

profile&works
わぴちゃん
ふわぴかちゃん
書籍執筆
講演会・観察会情報
調査・研究

sky & weather
雲と空のWeb図鑑
身近な気象写真図鑑
雲と空にまつわる小ネタ
お天気クイズ

plants & nature
草花の小ネタ
わぴちゃんちのお庭
植物分類学研究室
季節を運ぶ生き物たち

BBS & link
リンク集
リンク掲載について


☆わぴちゃんのブログ☆
草花・昆虫、雲の話題など、
「身近な自然の小さな発見」を
テーマに頑張ってます☆★

雲の分類表(1930年版)
現在公表されている1930年版の国際雲図帳原著には、
雲の分類をまとめた一覧表の原図の記載はありませんでした。

そこで、国際雲図帳原著の記述及び、
「雲・増補版」(藤原咲平1944)の解説をもとにして、
当時の雲の分類表をわぴちゃん独自に作成してみました。
亜類 変 種
Genus Sub-genera Species Varieties
巻 雲
Cirrus
線巻雲
Cirrus filosus
鈎巻雲
Cirrus uncinus
濃巻雲
Cirrus densus
残巻雲
Cirrus nothus
巻積雲
Cirrocumulus
巻層雲
Cirrostratus
霧状巻層雲
Cirrostratus
nebulosus
線状巻層雲
Cirrostratus
filosus
高積雲
Altocumulus
半透明高積雲
Altocumulus
translucidus
不透明高積雲
Altocumulus
opacus
積雲性高積雲
Altocumulus
cumulogenitus
羊状高積雲
Altocumulus
floccus
塔状高積雲
Altocumulus
castsllatus
高層雲
Altostratus
半透明高層雲
Altostratus
translucidus
不透明高層雲
Altostratus
opacus
降下高層雲
Altostratus
precipitans
層積雲
Stratocumulus
半透明層積雲
Stratocumulus
translucidus
不透明層積雲
Stratocumulus
opacus
夕暮層積雲
Stratocumulus
vesperalis
積雲性高積雲
Stratocumulus
cumulogenitus
波形層積雲
Stratocumulus
undulatus
乳房層積雲
Stratocumulus
mammatus
層雲
Stratus
乱層雲
Nimbostratus
積雲
Cumulus
低積雲
Cumulus humilis
雄積雲
Cumulus
congestus
積乱雲
Cumulonimbus
鐡砧積乱雲
Cumulonimbus
calvus
朝顔積乱雲
Cumulonimbus
capillatus
全雲形共通の変種
雲烟
Fumulus
とても薄くてほとんど
見えないような雲
放射雲
radiatus
現行版の放射状雲
莢状雲
lenticularis
現行版のレンズ雲 鈎状雲
virga
現行版の尾流雲
類積雲
Cumuliformis
現行版の塔状雲 被状雲
pileus
現行版の頭巾雲。ベール雲も含まれていた可能性あり
乳房雲
mammatus
現行版と同じ
ただし、スペルが異なる
砧状雲
incus
現行版のかなとこ雲
波状雲
undulatus
現行版と同じ 弧状雲
arcus
現行版のアーチ雲
※International Atlas of Clouds and of States of the Sky(WMO 1930)と、
「雲・増補版」(藤原咲平1944) の情報をもとに、独自に作成した表です


前バージョン(1910年版)とのちがい
1930年版の前身となる1910年版はわぴちゃん自身入手できておらず、
原著にあたれていないのですが「雲・増補版」(藤原咲平1944)にて、
1930年版とのちがいがふれられていました。
また1930年版の国際雲図帳にも、改訂事項がふれられているので、
それをもとに以下にまとめておきたいと思います。
今後、新しいことが分かれば随時追加・訂正していきたいと思います。

類(10種雲形)

(1)10種雲形の種類自体は変更はないものの、
その雲の定義にさまざまな変更が加えられているようです。

(2)1910年版は巻雲、巻層雲、巻積雲…の順番だったものが、
1930年版では、巻層雲と巻積雲が入れ替わり、
巻雲、巻積雲、巻層雲…となっています。

(3)国際名称の表記で、1910年版はハイフンでつないでいたものが、
1930年版では1つの単語となりました。

(4)Nimbus(乱雲)→Nimbostratus(乱層雲)に表記が変更となりました。

(5)国際記号(略号)の表記のしかたが変わりました。

(6)巻積雲が中層雲から上層雲に変更になりました。

(7)10種雲形のかたち(form)が、2つから3つになりました。
類別
記号
1930年版 1910年版
a 積雲性で垂直方向に発達
→積雲系(もくもくと上に発達)
塊状になるもの
b 扁平・層状だが分離性
繊維、帯状、羊状になる

→高積雲など
扁平または層状になるもの
c 連続した層状
→層雲系(べたっと広がる)

※以下、新旧対照表です。上段の1930年版、下段の1910年版です。
日本名
/日本記号
国際名 国際
記号
階 級 類 別
巻 雲
C
Cirrus
Cirrus
Ci.
Ci.
上層雲
上層雲
b
a
巻積雲
CK
Cirrocumulus
Cirro-cumulus
Cicu.
Ci.-Cu.
上層雲
中層雲
b
a
巻層雲
CS
Cirrostratus
Cirro-stratus
Cist.
Ci.-St.
上層雲
上層雲
c
b

高積雲
KC
Altocumulus
Alto-cumulus
Acu.
A.-Cu.
中層雲
中層雲
a,b
a
高層雲
SC
Altostratus
Alto-stratus
Ast.
A.-St.
中層雲
中層雲
c
b

層積雲
SK
Stratocumulus
Strato-cumulus
Stcu.
St.-Cu.
下層雲
下層雲
a,b
a
乱層雲
N
Nimbostratus
Nimbus
Nb.
Nbst.
下層雲
下層雲
c
b
層 雲
S
Stratus
Stratus
St.
St.
下層雲
高 霧
c
b

積 雲
K
Cumulus
Cumulus
Cu.
Cu.
a
a
積乱雲
KN
Cumulonimbus
Cumulo-nimbus
Cunb.
Cu.-Nb.
a
b

  上の表に出てくる日本記号は、
かつて国内で使われていた略号だよ。

現在は、この日本記号は
使われていないので参考程度に見てね。


変種

細分類の種と変種が追加になっているようですが、
この詳細は現在調査中です。

2017年5月3日最終更新
お仕事のご相談、ホームページへのご意見・ご指摘等は、
メールでお願いいたします。当日〜3日以内に返信をいたします。
Copyright (C) 2002- wapichan(Hideaki Iwatsuki), All rights reserved.