トップページ雲と空のWeb図鑑変種補足雲形付属雲地形性雲人工雲その他
※現在、新ページへの移行作業中です。作業完了まではリンク切れ等が生じる可能性があります。大変申し訳ございません。


intro&news
トップページへ
サイト概要
著作権・引用・リンク
プレスリリース

profile&works
わぴちゃん
ふわぴかちゃん
書籍執筆
講演会・観察会情報
調査・研究

sky & weather
雲と空のWeb図鑑
身近な気象写真図鑑
雲と空にまつわる小ネタ
お天気クイズ

plants & nature
草花の小ネタ
わぴちゃんちのお庭
植物分類学研究室
季節を運ぶ生き物たち

BBS & link
リンク集
リンク掲載について


☆わぴちゃんのブログ☆
草花・昆虫、雲の話題など、
「身近な自然の小さな発見」を
テーマに頑張ってます☆★

雲の細分類のひとつ。雲にできた部分的な特徴
補足雲形(supplementary features)とは?
雲の分類は世界気象機関(WMO)が刊行した、
国際雲図帳(INTERNATIONAL CLOUD ATLAS)を
もとにして行われています。国際雲図帳は初版刊行後、
何回か改訂があり、長らく1975年版が使われてきましたが、
2017年3月に改訂が行われ、2017年版が発表されました。

現在の雲分類では、基本となる10種類の雲形を定め、
自然に発生するすべての雲は、必ずこのどれかに分類されます。
この基本となる10種類は、国際雲図帳では
類(genera)と呼びます。

そして、この10種類を基本として、
種(specia)変種(varieties)
補足雲形(supplementary features)付属雲(accessory clouds)
4つの視点をもとにさらに細かい分類が行われています。

その細かい分類のうち、補足雲形(supplementary features)は、
細分類のひとつで、雲に部分的に現われた特徴のことです。

雲分類の世界では、付属雲と補足雲形は、
ふつう、あわせて1つの区分として扱います。
分類表上も
supplementary features and accessory cloudsとして、
1つの項目にまとめられています。
  日本では、付属雲と補足雲形をあわせて
副変種と呼ぶこともあるよ。

補足雲形(supplementary features)の種類一覧
雲分類の補足雲形は、次の11種(2017年版で5種追加)があります。
名前のリンクをクリックすると、それぞれの雲の解説ページに飛びます。

名称/
よみかた
略号/
国際名
俗称など
関係する
十種雲形
おもな特徴
かなとこ雲
かなとこぐも
inc
incus
朝顔雲
傘鉾雲
アンビル
火焔雲
積乱雲 積乱雲の雲頂が平らになって、水平方向に広がり、工具の「金床」を連想させる形を示す状態
乳房雲
にゅうぼううん
mam
mamma
ちぶさ雲
ママタス
巻雲
巻積雲
高積雲
高層雲
層積雲
積乱雲
雲底から垂れ下がる丸みを帯びた雲のこぶ
尾流雲
びりゅううん
vir
virga
尾曳雲
時雨雲
巻積雲
高積雲
高層雲
乱層雲
層積雲
積雲
積乱雲
降水が落下途中で蒸発し、地表に届かない状態。雲から「すじ」がのびたような姿に見える
降水雲
こうすいうん
pra
praecipitatio
雨雲
雪雲
視程内降水
雨の脚
高層雲
乱層雲
層積雲
層雲
積雲
積乱雲
雲からの降水が地表面に到達した状態。降水雲の真下では雨や雪が降っている
アーチ雲
あーちぐも
arc
arcus
アーククラウド
棚雲
雷雲の襟

弧状雲
積雲
積乱雲
積雲や積乱雲の雲底にできる土手のような形の雲。風のぶつかる場所に発生し、突風を伴うことが多い
漏斗雲
tub
tuba
積雲
積乱雲
積雲や積乱雲の雲底にできる紐や漏斗のような形の雲。竜巻は漏斗雲が地表面に到達したもの
アスペラ
トゥス雲
asp
asperitas
高積雲
層積雲
K-H波雲
K-Hはうん
flu
fluctus
キャッツ・アイ
浪雲

巻雲
高積雲
層積雲
層雲
積雲
上空の気流内に生じたケルビン-ヘルムホルツ波に、雲が巻きこまれた状態。海の波を横から見たような姿をしている。
穴あき雲
あなあきぐも
cav
cavum
ホールパンチ雲 巻積雲
高積雲
層積雲
層状に広がった高積雲に大きな穴があき、時にその部分が巻雲へと変化する状態。
壁雲
かべぐも
mur
murus
棚雲
ウォールクラウド
積乱雲 積乱雲の雲底の一部が、さらに一段低く、スカート状に垂れこめた状態。
テイル
クラウド
cau
cauda
積乱雲 壁雲から横にのびる、黒く細長い雲。

表中にある名称は、日本語での正式名称です。

2017年に追加されたvolutus(vol)は、和名の正式な発表がないため、
現在広く使われている呼び名を暫定的に充てています。


国際名は国際雲図帳に記載されている正式名称(ラテン語表記)です。
略号は、正式名称を簡易的に表記したもので、こちらもよく使われています。

俗称は、該当の細分類に対応すると考えられる呼び名を入れてあります。

「関係する十種雲形」は、補足雲形が、基本10種の雲のうち、
どの種類の雲に見られる可能性がある特徴なのかを表したものです。

たとえばアーチ雲(arc)は、基本10種のうち、
積雲(Cu)と、積乱雲(Cb)に部分的に現われる特徴です。

略号を使った表記方法は、他の細分類と同じで、
「基本10種」+「補足雲形」となります。
細分類の特徴が複数当てはまる場合は、
それらを順に列挙して、後ろにどんどんつなげていく形をとります。

【例】積乱雲(Cb)に、かなとこ雲(inc)と降水雲(pra)が見られる場合  Cb inc pra

補足雲形(supplementary features)と十種雲形の関係
次の表は、十種雲形(基本の10種)と、そこに現われる
補足雲形の関係をあらわした一覧表です。

国際雲図帳では、付属雲と補足雲形について、
基本10種のどれに出現するかという表だけではなく、
もう少し詳しい状況について図示したものも掲載されています。
この表は、それをピックアップしてまとめたものです。


















かなとこ雲 inc S
乳房雲 mam P P P P P P
尾流雲 vir P P U U P P P
降水雲 pra P U P P P U
アーチ雲 arc P P
漏斗雲 tub P P
アスペラトゥス雲 asp P P
K-H波雲 flu S S S S S
穴あき雲
cav P P P
壁雲 mur P
テイルクラウド cau P

記号凡例
U feature is usual ふつうに見られる
P feature is possible 見られる可能性がある
S feature may occur
only at the summit
or upper portion
of yhe cloud
雲頂または雲の上部
にだけ見られる

2017年5月4日最終更新
お仕事のご相談、ホームページへのご意見・ご指摘等は、
メールでお願いいたします。当日〜3日以内に返信をいたします。
Copyright (C) 2002- wapichan(Hideaki Iwatsuki), All rights reserved.