トップページ雲と空のWeb図鑑変種補足雲形付属雲地形性雲人工雲その他
※現在、新ページへの移行作業中です。作業完了まではリンク切れ等が生じる可能性がありますが、ご理解ご了承いただければ幸いです。

intro&news
トップページへ
サイト概要
著作権・引用・リンク
プレスリリース

profile&works
わぴちゃん
ふわぴかちゃん
書籍執筆
講演会・観察会情報
調査・研究

sky & weather
雲と空のWeb図鑑
身近な気象写真図鑑
雲と空にまつわる小ネタ
お天気クイズ

plants & nature
草花の小ネタ
わぴちゃんちのお庭
植物分類学研究室
季節を運ぶ生き物たち

BBS & link
リンク集
リンク掲載について


☆わぴちゃんのブログ☆
草花・昆虫、雲の話題など、
「身近な自然の小さな発見」を
テーマに頑張ってます☆★

雲分類の基本となる10種類の分けかた。日本では十種雲形と呼ばれる
類(genera)とは?
雲の分類は世界気象機関(WMO)が刊行した、
国際雲図帳(INTERNATIONAL CLOUD ATLAS)を
もとにして行われています。国際雲図帳は初版刊行後、
何回か改訂があり、現在は1975年版が使われています。

現在の雲分類では、基本となる10種類の雲形を定めていて、
対流圏(地表から高度約13kmまで)に浮かぶ雲のうち、
自然に発生するすべての雲は、必ずこのどれかに分類されます。

この10種類の分けかたが類(genera)で、
雲を分類するときの「基本」となっています。
類(genera)の分けかたは、十種雲形(※)と同じものです。

この基本10種類をもとにして、さらに特徴的なかたちがあるときは、
オプションで細分類の名前がつけられています。
  国際雲図帳の雲分類では、
類(基本10種)の分けかたとは別に、
細分類の区分として
種(specia)があるよ。
十種雲形と書くと、それとまぎらわしいので、
十類雲形十類雲級と呼んだほうが良い、
という考え方もあるよ。

類(genera)の種類一覧
雲分類の類(genera)には、次の10種類があります。
名前のリンクをクリックすると、それぞれの雲の解説ページに飛びます。

名 称・
よみかた
略号・
国際名
俗称など 記 号
巻雲
けんうん
Ci
Cirrus
すじぐも
羽根雲、真綿雲、つりばり雲、
馬尾雲、はけ目雲、ほそまい雲、
白簀雲、しらす
巻積雲
けんせきうん
Cc
Cirrocumulus
いわしぐも・うろこぐも
まだら雲、しわ雲、あばた雲、
泡雲、ちぢみ雲、かすり雲、
こっぱ雲、貝場雲、小河原雲、
高いかたまり雲、小むら雲、
ちび雲、小粒雲
巻層雲
けんそううん
Cs
Cirrostratus
うすぐも
水まさ雲白簀雲、
高いひらた雲、うすもの雲
高積雲
こうせきうん
Ac
Altocumulus
ひつじぐも・むらぐも
かわらけ雲、石垣雲、
だんだら雲、雁の腹雲、鯖雲、
中程のかたまり雲、大むら雲
高層雲
こうそううん
As
Altostratus
おぼろぐも
幕雲、どんより雲、中程のひらた雲
乱層雲
らんそううん
Ns
Nimbostratus
あまぐも・ゆきぐも
雨もよい、乱雲、
陰雲、五月雲、低いひらた雲
層積雲
そうせきうん
Sc
Stratocumulus
くもりぐも・かさばりぐも
うね雲、寝雲、八重棚雲、
低いかたまり雲
層雲
そううん
St
Stratus
きりぐも
横雲、蛇雲、かすみ雲、
山かつら、大蛇雲
積雲
せきうん
Cu
Cumulus
わたぐも・つみぐも
すわり雲、むくむく雲、ひる雲、
凍雲、浮島雲、入道雲、太郎雲
積乱雲
せきらんうん
Cb
Cumulonimbus
かみなりぐも
立ち雲、入道雲、雲の峰、鬼雲、
夕立雲、太郎雲、らいさま、
朝顔雲、傘鉾雲、疾風雲、雲堤

表中にある名称は、日本語での正式名称です。

国際名は国際雲図帳に記載されている正式名称(ラテン語表記)です。
略号は、正式名称を簡易的に表記したもので、こちらもよく使われています。

俗称は、雲の「あだ名」のようなものです。
太字で記したものが、代表的な俗称で、ふつうに使われている呼び名です。

小さな文字で列記してあるものは、それ以外の呼び名です。
比較的知名度の低いもの、特徴的な雲に対して使われているもの、
地域限定で使われているものなどを入れてあります。

記号は、十種雲形を記号で記す場合に使われるものです。
日本ではあまり使われていませんが、国際雲図帳には記載されています。

類(genera)の名前の漢字の意味
類(十種雲形)の名前は、よく似ていて紛らわしいように感じますが、
その命名方法はとてもシンプルで、合理的なものになっています。
名前の漢字には共通する雲の特徴がこめられています。

この意味を知ることで、雲の名前を覚えやすくなるだけではなく、
名前を見ただけで、ある程度の特徴を思い浮かべることが
できるようになっています。

着目点 特 徴 日本名 国際名
雲の
浮かぶ
高さ
高度5000〜13000m
高度2000〜7000m alto-
高度2000m以下
雲の
かたち
すじ・繊維状 cirrus
cirro-(※)
もくもくと上へのびる cumulus
cumulo-
水平にべたっと広がる stratus
strato-
降水の
有無
降水あり nimbus
nimbo-
ふつう降水はない

  巻積雲や巻層雲に使われるcirro-は
本来は巻雲を意味する
cirrusから変化したものだよ。
だけど実用上は、巻雲と同じような
高度(上層)に発生する雲と
読みかえても大丈夫だよ。

類(十種雲形)と雲の浮かぶ高さ
十種雲形に登場する10の雲の種類は、雲の浮かぶ高さに応じて、
大きく上層雲、中層雲、下層雲、対流雲の4つのグループに
分けることもあります。

雲の浮かぶ高さは、緯度によって若干ずれがあるため、
熱帯域(Tropical Regions)、温帯域(Temperate Regions)、
極域(Polar Regions)の3つに分けて記されます。

このホームページ内では、特に断りがない限り、
日本が属する温帯域について書きたいと思います。

上層雲(high level cloud)は、
高度5000〜13000m(熱帯:6000〜18000m、極域:3000〜8000m)付近に
浮かぶグループです。巻雲巻積雲巻層雲
3つがこれに該当します。

中層雲(middle level cloud)は、
高度2000〜7000m(熱帯:2000〜8000m、極域:2000〜4000m)付近に
浮かぶグループです。高積雲高層雲乱層雲
3つがこれに該当します。

ただし、ぶあつい高層雲では、雲頂が高度7000mを
超えることがしばしばです。
乱層雲では、雲頂が高度7000m以上、雲底が2000m以下に
なることがしばしばです。

下層雲(low level cloud)は、
高度2000m以下(熱帯:2000m以下、極域:2000m以下)
浮かぶグループです。層積雲層雲の2つがこれに該当します。
層雲は、土地の起伏のある場所では、雲底が地表にまで
達することもあります。

対流雲(convection cloud)は、対流によって発生する雲です。
発達するととても背が高くなり、積雲積乱雲の2つがこれに該当します。
従来、積雲、積乱雲は、下層雲に含められていましたが、
今は別枠として扱われることが多くなりました。

高 度 (m) −−−−−−−−対流圏界面−−−−−−−−
13000
12000
11000
10000
9000
8000
7000
6000
5000
4000
3000
2000
1000
500
地表付近
巻雲
巻積雲
巻層雲
高積雲
高層雲
乱層雲
層積雲
層雲 積雲 積乱雲
上層雲
high level
cloud
中層雲
middle level
cloud
下層雲
low level
cloud
対流雲
convection
cloud

2017年1月24日最終更新
お仕事のご相談、ホームページへのご意見・ご指摘等は、
メールでお願いいたします。当日〜3日以内に返信をいたします。
Copyright (C) 2002- wapichan(Hideaki Iwatsuki), All rights reserved.